糖尿病 サプリ

糖尿病とかゆみ

 

 

糖尿病になると、全身にいろいろな症状が出てきます。その中の一つに「かゆみ」があるようです。痛みと違い軽視されがちですが、かゆみも続くとかなりストレスになりますよね。糖尿病とかゆみについて説明していきます。

 

糖尿病の初期症状の一つに「かゆみ」があります。肌がかゆくなると、アトピーやアレルギーを考える人がほとんどかと思いますが、糖尿病でもかゆみが出るのです。なんと糖尿病患者の3人に1人の割合でかゆみを訴えているそうですから、かなりの数ですね。

 

皮膚が乾燥したりかゆくなったりすることで皮膚科に行き、それがきっかけで糖尿病が発見された人も少なくないようです。皮膚が細菌に感染することで高熱が出ることもあるそうです。そして糖尿病性昏睡につながる恐れもあります。おできや腫れ、痛みが見られたりもします。膿がたまったり大きく腫れ上がったりもします。

 

糖尿病の人は、どうしてかゆみを感じるのかについてお話します。糖尿病になると免疫力がダウンします。そして汗や尿に糖分が多く含まれるようになります。このことからカビや細菌に感染しやすくなって、皮膚にかゆみが生じるのです。

 

ブドウ球菌に感染すると、傷口の炎症が強くなり膿むことがあります。白癬菌に感染すると足の指や爪、足の裏などにかゆみが生じます。カンジダ菌に感染すると、性器や皮膚、口腔内にトラブルが起きます。治療法としては、細菌感染には抗生物質を、真菌感染には抗真菌薬を使います。

 

糖尿病と感染症

 

糖尿病は血液中に糖がたくさんある状態になってしまう病気です。これには合併症も多くあり、命にかかわる状態にもなったりします。心筋梗塞や脳梗塞、腎症など重篤な症状はたくさんありますが、感染症も気を付けなくてはならないものの一つです。今回は糖尿病と感染症についてお話します。

 

感染症と聞いてもピンと来ないかもしれません。病原体による病気に感染することを感染症というのです。ウィルスやカビや細菌に感染しやすくなるのが、糖尿病の特徴でもあります。糖尿病でなければかからない病気にもかかってしまうということです。例を挙げると、肺炎や膀胱炎、皮膚炎、歯肉炎、腎盂炎などです。風邪もひきやすくなります。そしてかかってしまったらそれが重症化する場合が多いです。

 

糖尿病の人が風邪をひいてしまうと、市販の薬では治りません。それどころか風邪をこじらせて命の危険にさらされることにもなるのです。免疫力低下により、風邪に打ち勝つ力がない状態が糖尿病です。とても危険な状態なのです。風邪だからと馬鹿にしていると、気管支炎になり肺炎を引き起こしてしまいます。そのまま亡くなるケースも珍しくありません。

 

健康な人の体では、病原菌が入ってくると白血球が戦いそれを排除します。そして体がまた健康に戻ります。ところが糖尿病によって血糖値が高い状態になると、白血球の働きが低下します。そのため細菌をやっつけることが出来ないのです。

 

糖尿病と筋肉

 

糖尿病になると一生治ることがないと言われています。出来ればならないように生活習慣を整えたりものです。もしなってしまっても血糖値のコントロールは可能です。その血糖値のコントロールに筋肉が関係しているようです。人間の体には様々な筋肉があります。自分の意志で動かす骨格筋、医師に関係なく動いている平滑筋と心筋に分かれています。

 

「骨格筋」
体を動かしたいと思った時に自分の意志で動かせる筋肉。自分でコントロール出来る筋肉なので、随意筋という呼び方もしています。

 

「平滑筋」
血管や消化管などの内臓を作っている筋肉です。自分の意志で動かすことは出来ないので、不随意筋とも呼ばれています。食べ物が体に入ると胃腸は勝手に動き始めます。意志とは関係なく体が必要と思ったら動くのです。

 

「心筋」
心臓の筋肉で、自分の意志でコントロールは出来ません。

 

糖尿病の人にとって運動はとても重要なものです。血液をスムーズに循環させるには体を動かすことがとても効果的なのです。そしてそれはまた筋肉を増やすことにもつながります。血液中の糖分は筋肉に使われることが多いのですが、筋肉が増えることでより多くの糖分を取り込めるようになります。すると血液中にある余分な糖分がどんどん筋肉によって消費されていくのです。そのため高血糖の予防につながるのです。

 

中高年になると筋肉は減る一方です。そのために血糖値が高くなる傾向があるのではないかと言われています。適度な運動をすることが大切です。

 

糖尿病と神経障害

 

糖尿病とは、インスリンが分泌されなかったり、うまく働かなくなったために血糖値が高い状態が続くものです。血液中にたくさんのブドウ糖がある状態が続くので、砂糖水のようなドロドロ血になります。そうなると細胞にきちんと血液が届かなくなります。そして、神経や内臓に異常が現れ始めます。

 

糖尿病の神経障害について説明していきます。これには運動神経障害と知覚障害、自律神経障害の3つが挙げられます。それぞれの症状を書いてみます。

 

●運動神経障害の症状
発汗異常、吐き気や胃もたれ、下痢や便秘、顔のほてり、尿が出にくくなる、勃起障害など

 

●自律神経障害の症状
顔面まひ、眼が痙攣する、手足がしびれたり痛みを感じる、こむら返りがおこる、足の感覚が鈍るなど

 

糖尿病と足の病気には関係があります。そのため毎日足をチェックしてみましょう。足の感覚が鈍くなると、足の裏の痛みを感じにくくなります。いつの間にか炎症を起こし、壊疽も起こることがあります。壊疽の発見が遅くなると切断という事態にもなりかねません。足のチェックは毎日する習慣をつけましょう。

 

神経障害が起こってしまったら、血糖値のコントロールをすることで回復させることが出来ます。血糖値をうまくコントロール出来れば治癒する可能性もあるのです。ですから医師の話をよく聞いて、食事療法や運動療法にしっかり取り組むことが大切なのです。続けていれば効果は出てきますので、糖尿病と向き合う姿勢が大切です。

 

糖尿病患者の医療費

 

糖尿病の医療費についてお話します。糖尿病患者の医療費は、1兆2076億円(平成26年)です。たくさんの人が糖尿病になり治療を受けています。国立循環器病研究センターの調べによる結果をご紹介します。

 

・血糖値のコントロールが出来ている人が半数に満たない。
・50代後半から60代に血糖値コントロールが出来てない人が多い。
・眼下で定期検診を受けていない人が多い
・糖尿病連携手帳をほとんどの人が持っていない。

 

これで分かったことは血糖値のコントロールが不十分であるということです。また糖尿病連携手帳を普及させることで自己管理をしやすくしようと考えています。

 

健康診断で血糖値に異常があった人は、そうでない人に比べると10年後の医療費が1.7倍になるということが分かりました。中小企業の社員を対象にした調査の結果です。血糖値に異常がある人は、10年以内に糖尿病になる人が多いのです。糖尿病でかかる医療費について、ケース別にまとめてみました。

 

事療法と運動療法の場合
特定疾患療養管理料や再診料、検査料など、基本的な金額だけしかかからないです。月額12130円。

 

飲み薬を処方された場合
処方箋や薬剤料などが加わるので、25110円となります。

 

インスリン療法と飲み薬と血糖値の自己測定をする場合
在宅自己注射指導管理料がかかります。また、血糖自己測定の指導などにも料金が掛かり、月額36580円となります。

 

糖尿病患者の医療費は、増加傾向にあります。

 

糖尿病の種類

 

現代の日本では、糖尿病患者がとても多いです。なんと5人に1人の割合だとも言われています(予備軍も含め)。糖尿病は一度なってしまうと完治するのは難しいようです。ですが、血糖値をコントロールすることができます。それには食事療法や運動療法が有効となります。場合によっては、薬を使うこともあるようです。

 

糖尿病になったら、自分の体の管理は自分でしっかりしなくてはなりません。食事や運動はもちろん、薬の飲み方や注射のタイミングなど、自分の身は自分で管理するのです。そうすることで、血糖値を正常に維持できます。⇒糖尿病サプリはこちら

 

糖尿病は少しずつ状態が変化していくこともありますので、何もかも自分で判断するのではなく医師との相談の元、コントロールを続けるべきです。

 

糖尿病のタイプには、2つのものがあります。まず、糖尿病について簡単に説明します。糖尿病とは、インスリンの分泌に異常がおきたり、うまく使えない状態になったりすることです。そのため、食べ物による摂取エネルギーの代謝が難しくなってしまいます。

 

膵臓で作られるインスリンは、血糖値の調節をする働きがあります。インスリンがうまく働かなくなると、血糖値を下げることが出来ずに高めの状態が続いてしまうのです。

 

2型糖尿病
1つ目のタイプは、インスリンの分泌が少なかったり、インスリンの働きが不十分という状態のものです。自覚症状があまりないのが特徴。糖尿病患者の9割以上がこのタイプと言われているほど、一般的な糖尿病です。食事や運動の見直しと、薬や注射で治療を進めていきます。

 

1型糖尿病
インスリンを作りだすことが出来ず、欠乏している状態です。インスリン注射が必要になります。

 

防風通聖散にはどういう効果があるのか

 

肥満症に悩んでいる方は多いと思います。中国には精要宣明論という古典書があり、それに18種類の生薬で構成されている漢方薬として防風通聖散があります。これは身体の熱を冷ましたり余分な水分を排出したり、便通を促したり、それ以外にも脂肪分解や老廃物の排出といった作用があり、高血圧や便秘、肥満症を改善する効果があるとされています。

 

日本人が肥満に鳴ると腹部に脂肪が着く傾向があるので、腹部の脂肪を分解してくれる防風通聖散が注目を浴びるようになっています。

 

では、この防風通聖散について説明しますが、そもそも肥満なら誰でも効果があるのかというと、そういうことではなく防風通聖散を使用する上で有効なのは便秘がちで腹部の皮下脂肪が多い方、体型ががっちりして筋肉質で体力がある方、高血圧や肥満にともなって肩こりやどうき、におぼせ、むくみなどを引き起こしている方に効果があります。

 

あまり聞いたことがない方も多いこの防風通聖散という漢方薬ですが、これは病院で処方されることもある漢方薬になっておりますので、自分に合うと思ったら摂取するようにしてください。ちなみに摂取方法に関しては食前や食間の空腹時に摂取するということが大事なことになっています。また、効果がないと感じたら漢方薬が合っていないということになりますので、もし合わないと思ったら薬剤師などに聞いてみるといいでしょう。また継続して服用しないともちろん効果は現れませんので続けるということが大事になります。

 

詳しくはこちらで:防風通聖散の人気6商品を徹底比較!結果をランキングにまとめてみた。

 

タウリンの摂取方法は?

 

体を元気にしてくれることで定評のたるタウリンですが、どのような摂取方法があるのでしょうか。まず摂取方法としてすぐに頭に浮かぶのは、食事です。

 

ホタテや牡蠣、タコ、イカなどの魚介類にはタウリンが多く含まれていますから、食事を楽しみながら天然成分としてのタウリンを楽しむことができるでしょう。スルメなどは表面に白い粉がふいていることがありますが、あれこそがタウリンです。普段から意識してこういった食事をしていると、タウリン効果で健康になっていきそうです。

 

調理が面倒だったり、生鮮食品ですから扱いが難しいという欠点もあります。タウリンの摂取方法としては、栄養ドリンクを飲む方法もあります。タウリン〜mg配合というのが明示されているので、どの程度摂取したのかということもわかりやすいです。また、非常に手軽で経済的にタウリンを摂取できます。

 

他にもいろんな成分が含まれていますし、常用することによって体調に異変を生じやすいので、週に何本と決めておいた方が良いかもしれません。タウリンはまた、サプリメントで摂取することも可能です。タウリンが単体でサプリメントになっていることはそれほど多くありませんが、多くの目的をもったサプリメントに含まれていて、糖尿病の予防にタウリンなど目的の達成を助けてくれています。

 

もしもタウリンを摂取することの目的がハッキリしているのであれば、こういったサプリメントを利用するのが最もタウリンを効果的に摂取できる方法だと言えるでしょう。

更新履歴

(2017/09/06)
高齢者になるとどうして睡眠の質が悪くなるのか?その対策は?を更新しました
(2017/07/20)
便秘解消のために摂りたい食べ物を更新しました
(2017/04/11)
育毛に良いミレットエキスを更新しました
(2017/04/11)
免疫力を高めるアミノ酸を更新しました