便秘解消のために摂りたい食べ物

便秘に良い食べ物の中にはどういうものがあるのでしょうか?よく言われるものは食物繊維の豊富な食べ物ですよね。では食物繊維はなぜ便秘に効果的なのでしょうか?食物繊維はネバネバの性質をしているため、腸の粘膜を成長させるという働きをします。このネバネバ繊維が胃のなかで食べ物を包み込み、量を増やすことで食べ過ぎを防ぎますのでダイエット効果もあります。さらに腸の中で、脂質やコレステロールに吸着し、これがウンチとなります。保水性に優れているのでウンチが柔らかくなり、量を増やしてくれるので、有害な老廃物が排出されやすくなります。

 

食物繊維は大きく分けて、水に溶けにくい不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維の2種類があります。水溶性食物繊維は水分を増やす役割をします。多く含む食品としては、昆布、海藻、こんにゃく、納豆、じゃがいも、りんご、ココア、鮭、うなぎ、などが挙げられます。不溶性食物繊維は便のかさを増やす役割を果たします。豆類、味噌、おから、納豆、ゴボウ、米、パセリ、ラズベリーなどに多く含まれます。

 

これらの食べ物は生の状態で食べても良いですが、茹でたり、焼いたりした方がたくさんの量を一度に取りやすいです。特に切り干し大根や、干ししいたけのような乾燥した野菜は、生の野菜より食べ易く食物繊維も濃縮されているのでおすすめです。ゴボウ8.5g、キャベツ1.8gに比べ、切り干し大根には20.3gもの食物繊維が含まれています。